アンドリューの徒然日記

SDIN-デュエルオブレジェンドの記事をメインに書いています

属性統一「炎天杯」で優勝したので感想を書こうよ【ノート主催DOL大会】

皆さんこんにちは、アンドリューです。

 

先日ノートさん主催の大会で優勝しました。

やったね!

www.youtube.com

 

ということで、大会で使用したデッキ紹介をしたいと思います。

 

No.1

使用:予選①1試合目、予選②3試合目、決勝2試合目

[デッキコード]
11J533C6w6B6H6U6W7l7D7L7N7S7Y898N

[ユニット] × 8
No036 フレアモンスター × 3
No105 不死の侯爵フェネクス × 2
No075 皇竜バハムート × 3

[マジック] × 32
No135 精神の秘箱 × 3
No137 心削りの石 × 2
No139 補充の緑泡 × 2
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 2
No152 速攻反転 × 3
No158 ソーマの烙印 × 3
No161 生体転送 × 2
No162 魔道転送 × 1
No163 生命吸収 × 3
No165 生贄の儀式 × 3
No169 契約の石 × 2
No182 降魔の蓮華門 × 3

 

個人的に最もスタンダードな火デッキです。

 

元々「オレンジ」のモンスター警戒を分散するために作成した「ブレイヴ」というデッキがあり、そちらの構築を基盤にして作成したデッキとなります。

 

元のデッキの火領域は属性カウンター兼ブラフでの採用をしており、今回は火属性統一大会ということで抜きました。

 

ギミックではなく、純粋にユニットへ構築を振っているため、デッキとしても扱いやすく、モンスターの性能も活かしたデッキになっていると思います。

 

大会ではモンスターの感触はかなり微妙でしたが、速攻反転やバハムートが活躍し、何より普段使いしていたデッキだったということが優勝に貢献したのではないでしょうか。

 

No.2

使用:予選②1試合目、決勝3試合目

[デッキコード]
1534x6w6z6G6U6X717f7D7M7P888p8Ma3

[ユニット] × 5
No105 不死の侯爵フェネクス × 2
No094 天使長ミカエル × 3

[マジック] × 35
No135 精神の秘箱 × 3
No136 精神の宝箱 × 3
No139 補充の緑泡 × 1
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 3
No146 封魔石 × 1
No150 守備強制の原石 × 3
No158 ソーマの烙印 × 3
No161 生体転送 × 3
No162 魔道転送 × 3
No169 契約の石 × 1
No174 支援要請の紅玉 × 3
No182 降魔の蓮華門 × 2
No208 八卦の篭手 × 3

 

フェネクスとミカエルの八卦デッキです。

 

元々この枠は加護ファフニールを入れていましたが、予選1週目での使用感が悪く、他の卓で(忍さんが)使用していた八卦ミカエルが強そうだと思い、大会中に構築し入れ替えました。

 

予選と決勝で1回ずつ使っていますが、封魔石のチェーンが飛んで相手に通ってしまったことや、速攻展開で八卦が活躍しなかったなど、このデッキだから勝てたかと言えば怪しいところはありますが、

八卦とミカエルのカードパワーはやはり強力なので、大会中とても頼りになるデッキでした。

 

 

No.3

使用:予選①2試合目、予選②2試合目、決勝1試合目

[デッキコード]
10H526r6w6y6C6U6X747f7D7P898p8N9Sbm

[ユニット] × 3
No015 メイドナイト × 2
No105 不死の侯爵フェネクス × 1

[マジック] × 37
No134 命削りの風 × 1
No135 精神の秘箱 × 3
No136 精神の宝箱 × 2
No137 心削りの石 × 3
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 3
No147 生命の滅亡 × 1
No150 守備強制の原石 × 3
No158 ソーマの烙印 × 3
No162 魔道転送 × 3
No169 契約の石 × 2
No174 支援要請の紅玉 × 3
No182 降魔の蓮華門 × 3
No205 背水の陣 × 1
No235 特攻の剣 × 3

 

マジックに寄せた背水デッキです。

予選1週目時点では背水ではなく水柱のみだったのですが、これも使用感が悪かったので予選2周目で水柱・背水両採用し、決勝前で水柱を抜いてこちらの構築になりました。

 

構築がサポートに寄っており、ヒュポクトニアなどの速攻展開に対応するには1枚のフェネクスを引かないといけないという尖ったデッキになっていますが、

大会では動いてくれそうな味方の時に選出し、盤面展開もおおむね予想通りに進めることができたと思います。

 

やはり、宝と未完魔転を構えられるのは無難にクソ強いですね。

 

 

大会の感想

まずは企画・運営をしてくれたノートさんお疲れさまでした。

www.youtube.com

エラーなどの些細なトラブルはありましたが、大会としてまとまりが良く次回の水面杯も楽しみにできる内容だったと感じました。

 

僕の配信でも言及しておりノートさんも重々承知だと思いますが、ポイントの集計が大変そうだったので手書きで報告ごとにすぐメモできるようにしたり、エクセルで様式をあらかじめ作っておくなど、そこだけ改善の余地があるかなと見ていて感じました。

 

時間も24時をオーバーはしていましたが、エラーなどのトラブルが原因なので、運営としてとりあえず気にする必要はないのかなと思います。

 

楽しい大会をありがとうございました。

 

 

次に優勝した感想ですが、嬉しいの一言です。

決勝に行って負けるのがいつもの流れだったので、今回もそういう感じなんだろうなと思っていましたが、少し運が良かったようです。

 

予選では僕が48ptに対し、ノートさんが58ptでkikiさんが62ptと、お二方の成績がずば抜けていましたが、ビビらずにいつも通りのメンタルで挑めたことも大きいでしょうか。

 

今回は忍さんや銀猫さん方達ともマッチしていなかったので、今回参加できなかったプレイヤーの皆さんも含めて、次回の大会を楽しみにしたいと思います。

 

 

まとめ

次回の水属性ユニット統一大会である「水面杯」の日程は6/15(土)となっています。

今回の「炎天杯」と基本ルールは同じですが、大会の詳細に不安な方はノートさんのブログでチェックしてください。

koukannote.hatenablog.com

 

という感じで今回はこの辺で!